財務改善におすすめなファクタリング

ファクタリングとは、売上債権をファクターに売却し、その対価を得ることで現金化する資金調達手法です。

実はこの手法は、財務内容が良くないために、金融機関からの融資を受けることが難しい企業におすすめできる手法でもあります。なぜなら、ファクタリングを利用することによって、手元の資金繰りを改善できるだけでなく、貸借対照表上の財務内容を改善することにも繋がるためです。

ファクタリングの比較ができるサイトです。

具体的に言えば、ファクタリングは資金調達手法にもかかわらず、借入金とは異なり負債として貸借対照表に計上されません。
実際の会計処理においては、売掛金などの売上債権がファクターへの債権譲渡によって未収金に振り替えられるだけです。



更に、未収金に振り替えられた売上債権の買取代金がファクターから入金された後は、資産がオフバランスされるため、キャッシュフローが改善します。
すなわち、貸借対照表には何らダメージを与えることなく、資金調達と財務改善を同時に実現することができます。

そのため、ファクタリングは単なる資金調達手法としてだけではなく、財務改善の足掛かりとしての利用もおすすめです。



最近では、ファクターによっては単に売上債権の買い取りを行っているだけでなく、財務改善コンサルティングのサービスを合わせて提供しているところもあります。
ファクターを選ぶ際の基準として、総合的なサポートを受けられるかどうかに注目するのもおすすめです。

足元では金融機関の融資審査に通らなくても、ファクタリングを財務改善に上手く活用できれば、将来的に融資を受けられるようになることも夢ではありません。